テキスタイルデザイン

清流のくらし

「やな」というのは、竹で組んだもので川の一部を堰き止めて、
底に川を泳ぐ鮎を引っ掛けて捕る漁のことです。
川から竹で作った床に鮎が上ってくると、それを手づかみで捕ります。
―夏の楽しい思い出のひとつ。

作品は、数年前、とても久しぶりにこの「やな」で遊んだときの印象です。

川から来る水しぶき。
ものすごい水流に乗って、飛び上がる鮎。
けれどその下にある川底のくらしは意外にも穏やかなようです。

自然は広くて深いです。

製作年:2007年5月

ブログ記事一覧