オリジナル紅型八掛

お知らせ

只今産休中のため、受注を休止しております。復帰については、2017年春以降を予定しております。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

八掛について

八掛(はっかけ)は、ご存じの通り、着物の裾まわり裏、袖先の裏の部位に使われています。
歩いたり、ちょっとした仕草のときに少しだけ見えるもの。
通常は無地のもの、ぼかしの入ったもの等でシンプルにします。

チリントゥでは、あえてこの八掛をメインにして、これまでになかった着物の楽しみ方を提案します。
10周年記念個展の際に作った自分用の着物が好評だったことから、今回ご紹介に至りました。

お伝えしたいこと

色や組み合わせ

  • 表では派手さを敬遠しがちな紅型の色を、八掛で楽しんで頂けます。
  • チリントゥでは、色無地のお着物との組み合わせを提案しています。
  • 合わせるお着物により、地色や使用可能な顔料の色が変わります。

仕立てと配置

  • お客様のサイズに合わせて染めます。
  • 表生地や仕立てまでご希望の際は、ご相談ください。
  • 歩いたときに少しだけ見える他、ご紹介の品は裾と袖先には表からも1分かけ出しをしています。

現在、八掛用の柄は1種類です。
その他、ご希望の柄を入れることも可能です。
宝船の柄以外をご希望の際には、初回に御見積をいたします。

制作期間

ご注文後約2ヶ月(別件が入っているときはこれより長くなります)

制作費用

【柄】宝船 ¥130,680-(生地代込み)

  • 着物の表生地も合わせてご希望の場合には、ご紹介をいたします。
  • 制作費用には表生地、胴裏など八掛以外の費用は含みません。

注)着用に際して
色無地に合わせられる場合でも、正式な場にはお勧めいたしません。
洒落着としてお楽しみくださいませ。

御注文・お問い合わせについて

まずは当ホームページのお問い合わせよりお気軽にお尋ねください。
又お電話でも承ります。

御注文や御相談に際しましては、サンプル品をご覧頂けます工房へ是非お越しくださいませ。
工房へのご来店は御予約制となりますので、事前にお気軽にご連絡ください。

またお越し頂くのが困難な場合には、こちらよりお伺いすることも可能です。(地域によります)

御相談・御見積は無料でいたします。

ブログ記事一覧